Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

占い鑑定:蒲原なつ

勝者のパレード

JUGEMテーマ:占い

 

 

おはようございます。

水曜担当の蒲原なつです。

 

今回のテーマは戦車。

 

 

 

戦車のキーワードは行動です。

とにかく、前に進むこと。

このスタイルの戦車にはそれしかできません。

行動しなければ、何も始まらない。勝敗はつかない。

 

 

なんて、言いますが

このカードは勝者です。

 

今回の記事の為に戦車(chariot)について調べてました。

 

このスタイルの戦車が戦場で使われた期間は、そう長くないようです。

 

戦車で戦うには、馭者が必要なので、2人乗りか3人乗りになるようです。

そうなると、乗車部が大きくなって、小回りも効かない。

そして、戦場が平坦だとは限りません。サスペンションの無い時代、高低差に対応できなかったようです。

馬が品種改良で大型化すると、早々に騎馬に取って代わられたようです。

 

戦場では使われなくなった戦車ですが

戦車レースは大変人気があり、4頭立ての1人乗り戦車でレースをしたようです。

古代オリンピックの種目にもなっていました。

戦車は、馬を飼い調教し、馭者を雇い、本体の整備と、大変お金のかかる乗り物だったようです。

今でも馬主と言えばお金持ちですが、古代でも戦車のオーナーになる事はステータスだったようです。

 

こういう余計な話が大好きなのです。

話を戻します。

 

他の戦車の用途は、パレードが専らだったそうです。

きっと目立ちますし、戦車が高級品であったなら、人々の視線を集めたことでしょう。

1人乗りで天蓋つき、戦士の装束の華やかさから見て、これは凱旋パレードでしょう。

 

この戦士は戦場で何を見てきのでしょうか。どのような経験をしたのでしょうか。

月を象った肩章(左は怒り、右は笑い)の表情に反して、戦士は口を引き結び、無表情です。

凱旋なら、もっと晴れやかでも良いと思うのですが。

 

手綱の無い戦車の動力は2匹のスフィンクス。

彼は精神力の強さでこの2匹を操るようです。

黒が誘惑で白が正しい意思。

 

渦巻く葛藤を乗り越えて、彼は勝利を手にしました。

彼の無表情から察するに、まだ何かと戦っているのかもしれません。

 

 

 

 

平昌オリンピックも残すところ僅かとなりました。

日本の選手達、頑張ってますね。

どの選手にも拍手を贈りたいと思います。


オリンピックは平和の祭典。

勝敗は戦ではなくスポーツで決まります。

誰かが命を落としたり、誰かを死に追いやる必要もありません。

全ての選手がクリーンにベストを尽くせるよう応援するのみです。

 

メダリスト達は、国へ帰り凱旋パレードをすることでしょう。

勝者の晴れやかな笑顔こそ、私達に行動する勇気をくれることでしょう。

 

 

 

 

では、また来週!

 

 

 

 

 

リクエスト受付中

 

・タロット入門講座

https://ameblo.jp/natukihanda/entry-12353095511.html

 

 

蒲原なつのブログ 

https://ameblo.jp/natukihanda/

 

LINE@ 

https://line.me/R/ti/p/%40ekl6213q  (お問合せはコチラから)

 

Instagram 毎朝OSHO禅タロットを更新中

https://www.instagram.com/natsu_tarot

 

twitter

http://twitter.com/afoolahoo

 

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 07:00

占い鑑定:蒲原なつ

タロットと女性たち

JUGEMテーマ:占い

 

おはようございます。

水曜担当、蒲原なつです。

 

今週は「恋人」をテーマに。

 

 

 

このカードは愛を表現しています。

カードには楽園を追い出されていないアダムとイブが描かれています。

無垢な恋人達。気持ちの解放。純粋な愛。直感的な愛の形。

 

 

 

 

このウェイト版より古い、マルセイユ版では

2人の女性の間に立つ男性が描かれています。

ここには選択という意味があります。

 

 

このマルセイユ版のような伝統的なタロットが描かれた頃は、恋愛結婚は殆どありませんでした。

カード遊びをしていたであろう、貴族や中産階級の人々にとって、自由恋愛は身の破滅でした。

恋愛は認められず、結婚は契約であり、家同士の結びつきの為のもの。

恋や愛のみで行動した場合は「ロミオとジュリエット」のように、悲劇へと向かうのです。

そしてマルセイユ・タロットのように、女性の方には選択権がなかったのは、戯曲や小説に描かれています。

 

この女性達を1人が悪徳、1人が美徳、どちらを選ぶか若者は選択を迫られているという解釈があります。

女性は男を惑わすものという当時の考え方が見て取れます。

女性側には選択権がないのに、ちょっと勝手な考え方ですが、時代背景がわかります。

 

 

それが、20世紀初頭のRWS版では、男女が対等な形で描かれています。

何も身につけず、ありのままの無垢な姿で向き合う男女。

そこに、財産や家柄は存在しません。

 

20世紀初頭はまだ女性が仕事を得るのは難しい時代でした。

それでも、職業婦人も現れ始め、黄金の夜明け団が活動していたイギリスでは、1928年に女性の参政権も認められました。

恋愛から結婚へという時代が始まろうとしていたのが、無垢な愛を描くカードの登場に見ることができます。

 

 

このカードを描いた、パメラ・コールマン・スミスは女性です。

イラストレーターとして、自分のアトリエを芸術家達に開放していたようです。

盛り上がる女性の参政権運動の支援もしていたとか。出版物の挿絵を担当していたようです。

また、生涯独身だったようですね。それは彼女がイラストレーターとして、職を得ていたからでしょう。

 

大アルカナに関しては、ウェイトの指示が細かかったと、どこかで読みました。スミスの思想が取り入れられたかはわかりません。しかし、マルセイユ版のような恋人を描けと言われたら、もしかしたらスミスは断っていたかもしれない。そうなっていたら、この、世界で一番売れているタロットカードは存在していなかったのかも。そんな事を思うのでした。

 

 

私は研究者ではないので、全ては空想です。

 

 

それでは、また来週!

 

 

 

リクエスト受付中

 

・タロット入門講座

 

 

 

蒲原なつのブログ 

https://ameblo.jp/natukihanda/

 

LINE@ 

https://line.me/R/ti/p/%40ekl6213q  (お問合せはコチラから)

 

Instagram 毎朝OSHO禅タロットを更新中

https://www.instagram.com/natsu_tarot

 

twitter

http://twitter.com/afoolahoo

 

  • 2018.02.14 Wednesday
  • 08:32

占い鑑定:蒲原なつ

伝統と革新

JUGEMテーマ:占い

 

 

今週もキャラクターとタロット。

 

 

今回は法皇について。

 

 

法皇は宗教的最高指導者です。

このカードは伝統や規範といったものを表現します。

人々に生き方を説く指導者は道徳的であることを求めてきます。

 

 

 

同じ指導者でも、皇帝と法皇では立ち位置が全く違います。

 

皇帝は鎧を着て戦をし、国を作り、守ります。

法皇は神の声を聞くもの。戦で傷ついた人々を癒し、魂を導く存在です。

 

皇帝は現実的なリーダー。

法皇は精神的なリーダーです。

 

 

ここで思い出してしまったのは、

 

「精霊の守り人」

 

ご覧になっていない方は、↓こちらのサイトであらすじをお読みください。

https://www.nhk.or.jp/moribito/

 

この話は綾瀬はるかさんが演じた、女用心棒バルサの物語ですが、

王子チャグムの成長物語でもありました。

 

チャグムの生まれた新ヨゴ国は神の国。

チャグムの父、新ヨゴ国の帝は神の声を聞く「神のごとき者」

 

彼は神として育てられて、家族との人間らしいふれあいも持たずに生きていました。

他国が攻めてくる時も、戦を「けがれ」と呼び、ひたすら神に祈り続けていました。

 

対照的だったのは、息子の皇太子チャグムです。

近隣の国に援軍を頼み、自ら剣を振るい戦います。

 

新ヨゴ国の戦を背景に

父と息子。神と人、伝統と革新の戦いがありました。

 

皮肉なのは、息子のチャグムが皇帝的なリーダーとなった事です。

皇帝は「父性」を表します。

父の愛を一番求めていたのはチャグムなのに、自分が民の父になる道を選びました。

 

父である帝は、父として生きられず、現実的に民を導く事が出来ず、

息子は国を導くリーダーとして立ったのでした。

 

二人のリーダーが理解しあえれば、良きパートナーとなったでしょうが、

やはり伝統と革新は、なかなか相容れません。

 

 

某格闘技協会などを見ていても、よくわかります。

伝統を守る側が革新派を受け入れる柔軟性があれば、更に発展するだろうと思うのですが。。

 

 

 

良い伝統は受け継いでいきたいと思います。

 

しかし、人は物語の世界に、挑戦者の冒険、成長、勝利、を求めるのでしょう。

 

物語の中では、伝統的権威のあるキャラが挑戦者と敵対する場合、古きものとして滅ぼされがちです。

 

スクラップ&ビルド

 

 

 

では、また来週!

 

 

 

 

 

リクエスト受付中

 

・タロット入門講座

 

 

 

蒲原なつのブログ 

https://ameblo.jp/natukihanda/

 

LINE@ 

https://line.me/R/ti/p/%40ekl6213q  (お問合せはコチラから)

 

Instagram 毎朝OSHO禅タロットを更新中

https://www.instagram.com/natsu_tarot

 

twitter

http://twitter.com/afoolahoo

 

 

  • 2018.02.07 Wednesday
  • 07:00

占い鑑定:蒲原なつ

皇帝の危機

JUGEMテーマ:占い

 

 

 

おはようございます。

水曜担当の蒲原なつです。

 

勝手にタロットカードについてアレコレ書いてるシリーズ。

 

今日は皇帝です。

 

 

皇帝は父性を表現していると言われます。

女帝が母性で皇帝は父性です。

玉座に座る王様です。リーダーシップの意味もあります。

4という数字は安定を表します。

 

愚者で旅立ち、魔術師で技術を身につけ、女教皇で智慧を学び、女帝で創造力を得ました。

そして、皇帝は創造した豊かさで、安定した強固な国を作ります。

 

彼は父親のような強さを持ったリーダー。

人々は彼の元で社会性を学びます。

 

 

 

 

若い生徒さんに、このカードを説明する時、

「昭和の頑固親父のような人」と説明します。

 

平成の世には頑固親父のイメージの父親があまりいないからです。

 

ひと昔前は、ドラマでも漫画でも、頑固一徹な星一徹のような(古いw)父親像というのはよく登場していました。

いつからか、父親というのは、物語では良き理解者、又は家庭から爪弾きにされた存在であることが多くなりました。

 

父親の代わりに主人公を導く存在が登場することはあります。

しかし、それは導き手ではあっても、父親ではありません。

 

 

 

現代では父親はすっかり影が薄い存在になってしまいました。

社会性を教え、人生の歩み方を見せ、身内を守るコミュニティのリーダー。グループの責任を負う人間は必要です。しかし、それは父親ではなくなってしまった。

皇帝の父性。強い意志を持ったリーダー像を、現代の若者にどのように伝えれば、腑に落ちるのか。

 

 

現代は、女は母性、男は父性と単純に分ける事が時代遅れです。

下手をすると訴えられます。

この先、RWSデッキの解釈も変わっていくのか。

デッキ自体が廃れていくのか。

そんなことも考えます。

 

 

しかし、今のところは多くのタロットがこのデッキに倣って作られています。

もう少し、このデッキについて、書いていきたいと思います。

 

それでは、また来週!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクエスト受付中

 

・タロット入門講座

 

 

 

蒲原なつのブログ 

https://ameblo.jp/natukihanda/

 

LINE@ 

https://line.me/R/ti/p/%40ekl6213q  (お問合せはコチラから)

 

Instagram 毎朝OSHO禅タロットを更新中

https://www.instagram.com/natsu_tarot

 

twitter

http://twitter.com/afoolahoo

 

 

 

 

 

  • 2018.01.31 Wednesday
  • 07:00

占い鑑定:蒲原なつ

女帝がやりにくい時代

JUGEMテーマ:占い

 

おはようございます。

水曜担当の蒲原なつです。

 

 

勝手にタロット解説。

 

今週は女帝について。

 

 

女帝は、豊穣の女神です。

美と愛の女神です。

彼女は妊娠しているとも言われていて、母性の象徴でもあります。

母なる大地そのものなのです。

彼女はヴィーナス=アフロディーテです。

アフロディーテって、生まれ方はちょっとアレなんですが、とにかく美しいのでゼウスの養女になって、オリュンポス十二神にも名を連ねます。

何人も子供を生んでいます。

 

このカードは母性、生み出す力。豊かさや創造性を表しているのです。

 

 

 

でも、なんとなくピンときません。

 

愚者は0からのスタートです。魔術師は自分の技術を使う。女教皇は知恵を学ぶ。

 

では、女帝は何がしたいのか?彼女の目的がよくわからない。

 

 

女帝自身からは「何かをしたい」といった意思を感じない。

 

そう思うのは、私が現代人だからかもしれません。

 

安産で何人も子供を産み、健康と美しさを保っているなんてあり得ない時代には、彼女は奇跡でしょう。

 

 

 

現代は豊かな時代です。

 

子供を何人も生んでも、生活にやつれて老けこむ事なく、若々しい女性は多勢います。

 

「豊かで美しい」

 

ただそれだけ?

 

それ以外の何か。発信力を求められるのが現代。

 

 

女帝は「やりにくい時代になった」とぼやいているかもしれませんね。

 

 

 

 

 

女帝を学園ものマンガに登場させてみましょう。

 

きっと、とびきり目立つお嬢様ではないでしょうか。

 

家はお金持ちで、育ちが良くて美人で優しくて、みんなの憧れ。

 

そこいらの男子は手が出せません。

 

すごく恵まれているので、少し天然かもしれません。

 

自分が恵まれていることや、憧れを抱かせる存在だという自覚は少なそうです。

 

お金持ちなので、要求することの水準が高い→世間からはわがままと思われがち(逆位置の意味)

 

将来は親の勧めで自分と釣り合った男性と結婚して家庭を守る。

 

やっぱり、ちょっとドラマが足りないですね。

 

激しい恋をして駆け落ちでもしたら、ドラマが始まるでしょう。

 

しかし、それは女帝の役割ではありません。

 

恋を沢山しても、彼女の豊かさは損なわれていはいけないし、キャリアウーマンのように働いて稼ぐ豊かさではないのですから。

 

 

 

因みに女教皇が同じ学園にいたら、生徒会長にでもなっていそうですね。

 

女子の取巻きは沢山いるけれど、頭の切れる彼女に若い男の子は寄り付かない(笑)

 

 

 

脱線してしまいました。

 

女帝というカードが、なんとなしピンとこない。

 

その理由は、現代では彼女のような女性像が求められなくなっているからかもしれないと思うのは、私だけでしょうか。

 

 

 

 

 

 

募集中

【新春企画】2018年を成功へ導く!ニューイヤーリーディング

 

・タロット入門講座

 

 

 

蒲原なつのブログ 

https://ameblo.jp/natukihanda/

 

LINE@ 

https://line.me/R/ti/p/%40ekl6213q  (お問合せはコチラから)

 

Instagram 毎朝OSHO禅タロットを更新中

https://www.instagram.com/natsu_tarot

 

twitter

http://twitter.com/afoolahoo

 

 

 

  • 2018.01.24 Wednesday
  • 07:00