Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

占い鑑定:蒲原なつ

「最後」だから意味がある

JUGEMテーマ:占い

 

おはようございます。

蒲原なつです。

 

今週は審判。

 

 

このカードは復活を意味します。

キリスト教の最後の審判です。

世界の終末の後、天使ガブリエルがラッパを吹き

人々は蘇るという、キリスト教の教えの様子を描いています。

 

カードリーディングは、良い意味として捉えます。

復活、解放、変身、結果、決着

 

 

 

一度死んで生き返る話は漫画やアニメに多くあります。

主人公が世界を救う為に命を犠牲にする話に多いですね。

このパターンの多さにうんざりする時があります。

あまりに簡単に自分の命を差し出して、その後、当然のように奇跡が起きて蘇る。

 

奇跡による感動を得るには、そこへ至るプロセスが大切です。

奇跡は安売りしてはいけないのです。

 

世界観も大切です。

ファンタジー系、架空の世界の物語で、元々不思議や怪異が物語の中にある場合は馴染みやすいです。

SF系のアニメだと、ちょっと辛い。ラストで一気に冷めてしまう事があります。

どこに、その奇跡に繋がる伏線があったの?と。

 

この頃はゲームの普及で、視聴者側にも死んだキャラが蘇る事への抵抗感が少ないようです。

安売りすると人気が落ちていきますが。

 

 

審判のカードの解釈では

この復活は今までと同じではなく、新しいステージへの成長が必要条件となります。

死者が蘇ることは、肉体の死からの解放、霊的成長を意味するからです。

 

物語の世界では生き返ってもストーリーが続く場合は、その人物に変化が起きている事が多いですね。

新しい能力が身についていた、といった形。

 

これも繰り返すと、少年誌系の漫画のような、人智を超えた能力がインフレを起こして

「なんでもあり」になってしまい、飽きられます。

 

 

制約の中で、困難にぶつかりながら生きるからこそ、人生は面白いのです。

審判のカードは大アルカナの最後から2番目です。

十分な学びと体験をし、命を終えた後に審判は行われるのです。

物語でも、感動する復活劇の多くはクライマックスに用意されています。

最初から奇跡を頼みにしてはいけないということでしょう。

 

 

さて、今日も人間らしく、与えられた人生を楽しむことにします。

 

また来週!

 

 

蒲原なつのブログ 

https://ameblo.jp/natukihanda/

 

LINE@ 

https://line.me/R/ti/p/%40ekl6213q  (お問合せはコチラから)

 

Instagram

https://www.instagram.com/natsu_tarot

 

twitter

http://twitter.com/afoolahoo

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 07:00

-

スポンサーサイト

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 07:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback