Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

占い鑑定:森瞬姫

かんたん、当たる星の詠み方とは?

JUGEMテーマ:占い

 

占いとスピリチュアル、

あなたはどっち派でしょうか?

 

統計学と不思議現象。

似て非なるものという認識があるようですが

つまるところ目指す所は同じ。

「幸せになるために」

 

ある占い師さんは言いました。

 

西洋占星術が骨組みだとしたら、

スピリチュアルは肉付けだと。

 

上手いこと言われますよね。

 

私のメインは、透視スピリチュアル、数秘術。

今年に入り西洋占星術を勉強している、スピリチュアルカウンセラー森瞬姫(もりみき)です。

 

占星術は本当に奥が深い!!

先日は課題として、ドナルド・トランプ氏を検証しました。

全ては星の動きのまま・・・

占星家がバックにいるのでしょうね、きっと。

 

 

 

今日は、自分の振り返りも兼ねて

簡単にできる西洋占星術についてお話して参ります。

 

 

まずは、よく雑誌・TVなどで見かける星占い

たまに当たっていないな・・・ということありませんか?

 

 

なぜか?

それは太陽星座(社会的な側面を表す)で観ているから。

 

 

西洋占星術では、12サインと10個の天体から占います。

 

 

太陽星座は顕在意識、つまり表に出している顔を表します。

自覚できる部分。行動パターン、自分がどう行動していくか。

表面的な部分を表している、つまり、内面・精神面とはずれるということ。

 

 

では、素顔の部分は何で見るかと言うと、

月星座です。

 

 

月星座は無意識、つまり裏の感情・顔を表します。

自覚していない部分、感情や本音、欲求、自分の本心どうしたいか。

 

 

この2つの惑星の星座を観ていくことで

ご自身の建前と本音を観ていきます。

 

 

太陽星座をつかって月星座の欲求を満たしていく。

重要な欲求は月星座に出るというわけなのです。

 

目からうろこの方もいるかもしれませんね。

 

 

私は、西洋占星術の勉強を始めてからは

雑誌の占い等 すべて太陽星座と月星座、両方見て参考にするようになりました。

 

するとね、やはり太陽星座よりも月星座の方がしっくり来たりするんですよね、私の場合は。

 

皆様もどうぞお試しあれ。

 

 

西洋占星術 一通り知識の詰め込みが完了しました。

これからその知識を深めていく段階。

日々勉強です。

 

もう少し学びが深くなってきたら

実践でいかしていきます。

 

その際はモニターさんを募集するかも。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

もっと深く知りたい方、

スピリチュアルカウンセラー森瞬姫(もりみき)までどうぞ。

 

名前と生年月日から

透視を使いエネルギーを読み解き、

お二人の相性、今後のお二人、お相手の気持ちをお伝えしてまいります。

 

納得の鑑定、ヒーリングと浄化・癒しの鑑定をお届けしています。

 

 

横浜中華街、溝の口、イベントにて

お待ちしておりますね。

 

教訓

簡単にできる、しかも当たる星読み。

まずはご自身で♡

深く知りたいときは

スピリチュアルカウンセラー森瞬姫までGo💛

幸せに導くお手伝いをさせて頂きます💛

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます♪

素敵な週末をお過ごしください。

 

💛森瞬姫(もりみき)

 

💛イベント出演のお知らせ💛

6/16土曜日、17日曜日 第5回五反田TOCスピフェス

に参加します。

入場料無料

鑑定料 20分3000円〜

16,17両日出展します。

お気軽にどうぞ。

お一人さまのご来場、男性のお客様のご来場も大歓迎。

Facebook 「五反田TOCスピフェス」で検索。

 

💛日々の出来事、出演スケジュールなど Facebookにて 更新しています。

💛Facebook:「森瞬姫 もりみき」 で検索

お友達申請は一言メッセージをつけてお願いします。

 

 

  • 2018.06.14 Thursday
  • 07:35

-

スポンサーサイト

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 07:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback