Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

占い鑑定:蒲原なつ

タロットを使う 後編

JUGEMテーマ:占い

 

おはようございます。

蒲原なつです。

 

先週は「タロットを使う」前編でした。

後編では「人を占う」です。

 

 

タロットを使えるようになったら、

人のことを占う機会があるかもしれませんよね。

 

例え「占いごっこ」のようなものであっても、

他人の悩みを聞くのですから

注意することがいくつかあります。

 

 

●守秘義務

相談を受けた内容を話さないこと。

プロとしてお金をいただくのでなくとも

相手はあなたを信用して打ち明けてくれたのです。

その内容を人に話すのは、いただけません。

これは一番大切な部分です。

相談された事を胸のうちに仕舞っておけないのならば

友人や知り合いを占うのはやめましょう。

 

 

●占い師が決めない

あなたができるのは

「引いたカードの結果を伝える事」だけです。

カードの通りになるかは、誰にもわからないのです。

可能性を伝える事はできるかもしれませんが

行動するのは本人であって、あなたではないと胸に止めておくこと。

 

 

●依存関係を作らない

占いは適当に外れるくらいで丁度いいと私は思っています。

当たれば当たるほど、占いは依存関係を生みます。

辛い思いをしている人ほど、未来を言い当てる人が近くにいたら、

自分で考えたり、悩んだりすることをやめてしまうでしょう。

占う側も、相談者にとって自分は特別な人間だと勘違いしてしまう人が時々います。

お互いに勘違いしたまま、歪んだ関係を結んでいないか

常に自分を疑う気持ちを忘れないでいましょう。

 

 

 

ちょっと厳しいことも書いてますが

もし、占って欲しいと頼まれたなら、楽しんで欲しいと思います。

 

楽しく、占いを続けていくために

上にあげた事を忘れないようにしてください。

 

占いに決まりはありません。資格もありません。

誰でも占い師を名乗れば、今日から占い師です。

だからこそ、忘れてはいけない事なのです。

 

賢明な方ならお気づきでしょう。

これらを忘れてしまった時

あなた自身が傷ついたり、不利益を被ることになるのです。

今回書いた事は「やってはいけない事」というより

「自分自身を守るための最低限のルール」です。

 

 

 

さて、

私の担当は今回が最終回です。

 

このような機会をいただけたので、

タロットカードを身近なものとして楽しんで貰えるように

意識的に変わった切り口の記事を書いてきたつもりです。

タロットに興味を持ってくださった方が

一人でも増えてくれていたら、とても嬉しく思います。

 

 

現在、蒲原なつのブログは個人的な事情により更新が滞っておりますが

諸々状況が整いましたら、再開する予定です。

こちらもよろしくお願いします。

 

リレーブログに関わる占術家の皆様の更なるご発展をお祈りします。

 

七ヶ月間、お読みいただきありがとうござました。

 

 

蒲原なつのブログ 

https://ameblo.jp/natukihanda/

 

LINE@ 

https://line.me/R/ti/p/%40ekl6213q  (お問合せはコチラから)

 

Instagram

https://www.instagram.com/natsu_tarot

 

twitter

http://twitter.com/afoolahoo

 

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 09:35

-

スポンサーサイト

  • 2018.10.19 Friday
  • 09:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback