占い鑑定:横山裕美

春分の日の本当の意味とは?

JUGEMテーマ:占い

 

 

 

 

日曜日担当、運命星アロマカウンセラー 横山ゆみです。

 

今日もお役にたてる運命星、アロマ、カウンセリングのお話しを。

 

 

春分や秋分になると、何故、色んな方々が、メッセージを発するのかというと。

 

こういう事だからです。

 

 

毎年2回、春分の日(3月19〜22日の間)、秋分の日(9月22〜24日の間)が祝日とし制定されています。

 

 

 

春分の日は『自然をたたえ、生物をいつくしむ日』とされていて、秋分の日は『祖先を敬い、なくなった人々をしのぶ日』と現在では云われています。

 

 

しかし、1948年以前は別の呼び方があり、意味も違っていました。

 

もともと、春分の日は春季皇霊祭、秋分の日は秋季皇霊祭と呼ばれていました。

 

 


昔から春季皇霊祭と秋季皇霊祭を中日として7日間はお彼岸とされていて、先祖をお祭りする日でした。
 

またお彼岸に最も近い、陰陽五行説の土性にあたる戊(ぼ)では、社日として氏子が氏神たる神社に参拝し、春は五穀豊穣を、秋は収穫に感謝し祈る習わしがありました。

 

 

そして、皇室では歴代の天皇や皇族の霊を纏めて祀るという日です。

 

 

纏めて祀るのには意味があって、100代を超える天皇や皇族の命日ごとに祀るのはとても大変ですので、春と秋の2回祖先の霊を祀られています。

 

 

また同日には春季神殿祭と秋季神殿祭も行われていて、神殿祭では全国津々浦々までおられる天神地祇(てんじんちぎ)の神様に祈りを捧げています。

 

 

 

天神地祇とは、高天原から降臨された神様である天神(あまつかみ)ともともと各土地にいた土着の地祇(くにつかみ)の両方をさします。八百万の神といってもいいでしょう。

 

 

今はただの祝日祭日として意識している人も多く、生活ぶりも多様化しておりますが、このお彼岸の日は先祖を供養し感謝するということで墓参りに行ったり、家族の行事を大切にする日ともされています。

 

 

敗戦後、アメリカの指示により、1948年(昭和23年)の『国民の祝日に関する法律』の施行以降は『春分の日』『秋分の日』とされています。

 

 

なので私は毎年なるべく自分の誕生日9月23日前後に神宮参拝へ参ります。

 

 

 

西洋占星術の世界でも、この20から24日というのは星座の切り替え時期なのです。

 

 

この20から24日の間に生まれた方は、どちらの星座の影響を受けますので、どちらも認めてあげて下さいね。

 

 

かくいう私も乙女座と天秤座、両方の影響強いなぁ、と常日頃から感じています。

 

 

今は魚座と牡羊座の時期。

 

 

4月に入ると牡羊座の影響が強くなる時期に入ります。

 

この時期はなるべく陽射しを浴び、水の綺麗な所へ行きましょう。

 

 

私はこの時期、自分の祖先が眠る玖珠へ行って滝とお墓参りへ行きたかったですが、想像で行きます(笑)。

 

 

精油は火と水の精油を持って行けたら持って行って下さいね。

 

フランキンセンス(火)、カモミール(火)、ラベンダー(水)が浮かびました。他にも沢山あれど。。。

 

 

 

そして自分が紡がれてきた命のバトンに感謝しましょう。

 

 

私もこの時期、自分の命を繋いでくれた父母と御先祖様に感謝を捧げたいと思います。

 

 

 

私の本日のブログ。

春分のメッセージはちょっと不思議な話。日本人女性に多いらしいです。

 

 

 

 

 

お知らせ  

 

 

 

無料講座(メルマガ)

占いは傾向と対策。運命星で読み解く精(たましい)のメッセージ

 

------------------------------------------------------ 

 

●運命星鑑定+UMIカウンセリング モニター募集!! (対面、スカイプ) 

 

UMI6期、開催決定!5月25日受付開始、7月開講。
UMI5期は、なんと98名でスタート!!

 

●運命星鑑定  (対面、スカイプ) 

 

●運命は自分次第だと知れる自分で読み解く「運命星」講座 (対面、スカイプ) 

 

スケジュールについて。

 

------------------------------------------------------  

 

アロマサロンブログ (引越し中)           

                

占いリレーブログ日曜日担当

 

 

  • 2017.03.19 Sunday
  • 10:18

Comment
Send Comment