占い鑑定:マーヤラジャ

【死人の声を占う】

JUGEMテーマ:占い

 

 

Buon pomeriggiol(ブォン ポメリッジョ・こんにちは)マーヤラジャです。

お盆・・・

平均、7月の13〜16日を示しています。

 

もちろん、場所に寄ってのずれはありますし、旧盆と呼ばれると1か月も先になりますか・・・

ご先祖様方があちらの世から戻ってこられるという、大切な期間です。

きゅうりの馬を用意し、迎え火を焚き、なすの牛を用意し、送り火を焚きますね。

 

なんできゅうりとなすなん??ってなりますが、きゅうりの馬・・

馬に乗って早よこちらの世へ来られませ、ナスの牛に乗って、ゆるゆるとあちらへ帰れ・・・と言われるそうです。

 

言い方は何ですが、味わい深いですね。。

 

お仏壇にのせた果物やご飯は、御下がりをもらいましていただきますと、力が強くなる(何の力かは個人の願いだそうです)

占いの世界ですと、亡くなられた方のお声を聞くということも、意外とあります。

特に、お盆の時期は、「聞こえ良し」と言われて、数が多くなります。

 

お声は、聞こえやすくなりますが、あちらから戻るべきでないものも戻りますので、その理屈を理解していないと駄目ですし、

お作法があります。

ただ占えばいい。。。というものではないのですよ。

 

個人的なことですが、言縁占符というものがあります。

以前は「言魂タロット」と呼んでいたのですが、改名した漢字50文字で出来ているカードです。

オラクルカードではなく(本来オラクルカードもいい意味だけをそろえるものではなかったそうですが。。)占符です。

 

言縁百式符もあります。

こちらは漢字100文字。

 

こうした言魂を使用したカードは、相手も言葉にしやすいのか読みやすいといわれています。

 

さて、占う面で個人の声を聞くにお約束があるってご存知でしたでしょうか。

「3年」、お亡くなりになって3年の間は、聴いてはならぬといわれています。

まあ、残された方は聞きたいのでしょうけれど、亡くなった方の方は、様々忙しいんですね。

 

占いでお聞きいただくのもすごくうれしいですが、お墓参りも出来れば。

それが一番声が聴きやすいとも言われています。

 

占いと同じく、穏やかな心でそれを見ることが、何かのヒントになることにつながるのでしょう。

 

 

お盆ゆえ、1枚引きと名言はお休みし、貴方が穏やかな夜を得られるよう、今週はここまでとしましょう。

 

 

 

それでは、Ci vediamo(またね)

 

 

  • 2017.07.12 Wednesday
  • 01:03

-

スポンサーサイト

  • 2017.09.24 Sunday
  • 01:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment